[目的別] プログラミング言語の選び方

迷っている人
プログラミングを勉強してみたいけど、どの言語が良いかわからない

今回はそんな方へ向けて書いています。

この記事を読めば、自分の目的にあった言語選定が出来るかと思います。




1 Webサービスを作る(Webプログラミング)

Webサービスは、有名なものでTwitter、Facebook、クックパッドなどのようなものです。

Webサービスを作るには、勉強しないといけないことがたくさんあります。

まず、HTMLとCSSです。

HTMLは正確には、Hyper Text Markup Language (マークアップ言語)といいます。

HTMLの主な役割は見出し・段落をつけたり、リンクをつけたり、太字にしたりというようなことができます

これらはタグで囲むことによって、適用することができます。

そして、CSSはHTMLを装飾することができます。

例えば、文字の色や大きさを指定したりというようなことが出来ます。

他にもまだまだできることがあり、奥が深いです。

このHTMLとCSSを習得することによって、静的なページが作成できます。

ただ、習得といってもHTMLとCSSは基礎だけで十分です。

静的なページとは、ホームページのようなもので、ユーザーがアクションを起こすことが出来ないページ。

または、誰が見ても同じような内容が表示されるようなページですね。

例えば、ログイン機能とかタイムライン機能があるようなページは動的なページと言います。

Webサービスは動的なものです。

動的なページにするには、サーバーサイド言語というものが必要になります。

これは表からはみることが出来ません。

簡単に言えば、ページの裏側の仕組みですね。

サーバーサイド言語は何種類かありますが、私のおすすめはRubyとPHPという言語です。

それぞれメリットデメリットがあるので、自分に合った方を選べば、問題ないです。

Rubyのメリット

  • Webサービスを作ることに特化している
  • 唯一日本人が作った言語なので日本語ドキュメントなどが充実している
  • 専用のフレームワークがある
  • 他の言語と比べた時の圧倒的な記述量の少なさ(簡単なブログアプリくらいならものの数分くらいで作ることも可能)

Rubyのデメリット

  • まだ使っている企業が少ないため、仕事は多くはない
  • 簡単に開発が出来るが、本来自分で書くコードがコマンド一つで出来るので仕組みを理解できない

PHPのメリット

  • WordPressをいじれるようになれる
  • 仕事が多い
  • 書籍が多い
  • 初心者が学びやすい

PHPのデメリット

  • コードスタイルの自由度が高いが故に同じ意味のコードが複数存在する
  • 初心者が学びやすいが、セキュリティ面で勉強が必要

さらに効率的に開発するためにフレームワークというものがあります。

日本語で枠組み、骨組みです。

例えば、同じようなコードを何回も書かないといけない時ってありますよね。

そのような共通コードを1つにまとめたりしてくれます。

ファイルなどもコマンド1つで全て用意してくれるので、生産性の向上に繋がります。

サーバーサイド言語とセットで、フレームワークの使い方もマスターしましょう。

まとめ

  • HTML・CSSを習得(基礎で十分です。)
  • RubyかPHPを習得
  • フレームワークを習得

これらの順序で学習すれば、基本的なWebサービスは作ることが出来ます。

Rubyはこれからに期待のサーバーサイド言語です。

専用のフレームワークもあり、とても効率的にWebサービスを開発することが出来ます。

Rubyを学習するなら、この記事を読むことをオススメします。

Rubyをオンラインで学習できるサービス・オンラインプログラミングスクールならここ![無料もあり]

2018.08.04

2 ゲームを作る

ゲームを作りたい方は言語ではありませんが、Unityというツールがおすすめです。

こちらのツールは3Dゲーム、2Dゲーム両方作ることが可能です。

言語はスマホゲームなどが作りたいのであればC#で家庭用ゲーム機開発などがしたい方はC++になります。

基本的に家庭用ゲーム機はC言語やC++などから派生した言語を使用しています。

ゲーム作りは大事なことがたくさんありますが、一番大事なことはゲームが大好きという気持ちだと思いますので、みなさん頑張ってください。



3 機械学習がしたい

機械学習でできることといえば、画像識別やデータ分析などです。

機械学習で主流となっている言語はPythonという言語で、比較的習得がしやすい言語になっています。

機械学習がしたい方はPython一択かなと思います。

Pythonは面倒臭いタスクなどを自動化したりもできるので実用性の高さでも優秀ですね。

ロボットとかが好きな方も是非挑戦してみてください。

4 アプリ(ios,Android)を作る

アプリはiosのアプリかAndroidのアプリを作るかによって、選ぶ言語が変わってきます。

・ iosの場合

iosのアプリを作りたい方はSwiftという言語一択になります。

こちらはAppleが開発した言語でApple製品専用となっており、Macのアプリなどもこの言語が使われています。

ただ、注意して欲しいのがiosのアプリを作る上で必要なものがあります。

まず、Macが必要になります。

Windowsに仮想環境を構築して作ることも可能ですが、アプリをAppstoreに申請するときに、必ずMacが必要になります。

あとひとつあったほうがいいのはiPhoneです。

iPhoneは動作を試すときに使います。

こちらはMac上に仮想でiPhoneのデモ機を表示して試す事が可能ですが、やはり実機があった方が安心ですね。

・ Androidの場合

Androidのアプリを作りたい方はAndroidStudioという開発環境を使います。

こちらは無料でWeb上からダウンロード出来るのでダウンロードしてください。

そして言語なのですが、基本的にはJavaを使うことになるかと思います。

Javaは色々な用途に使われることがあるので覚えていて損はないですね。

これから挑戦してみようと思っている方はまずAndroidStudioをダウンロードして使い方を学んでみてください。

5 とにかくIT企業に就職する

とにかく就職がしたいという方は、まず求人数の多さからするとPHPとJavaになります。

次に平均年収の多さで考察してみます。

平均年収ランキング(言語別)
1位 Python 651万

2位 Perl  633万  

3位 Ruby 606万

日本自体エンジニアの年収が全体的に低い傾向があるので、できれば英語も習得して、海外に移住することを検討してもいいかもしれませんね。

自由度が高い働き方がいいという方はスタートアップ企業いわゆるベンチャー企業を狙ってみるのがいいかもしれません。

スタートアップ企業はフレックスやリモートワークを取り入れているところが多いですね。

そちらに就職を希望している方はRubyを習得することをお勧めします。

Rubyは無限の可能性を秘めた言語でこれから取り入れる企業が増えてくるかと思います。将来性がある言語です。

以上になります。

未経験からエンジニアに就職または転職する方にアドバイスですが、ポートフォリオは作っておいた方がいいです。

なぜなら、採用側はあなたの実力が知りたいからです。

例えば、この言語を一年独学したなどと言っても実績がなければ、今現在の実力がわかりませんからね。

なので、ポートフォリオは作っておいてまわりとの差別化をしてくださいね。

できればセットで進捗報告のブログなどもやっていると採用率が上がるかと思います。

就職、転職活動頑張ってくださいね!

6 フリーランスとして自由に働きたい

フリーランスになりたい方はPHPの基礎とhtml css JavaScript jQueryをまず抑えてWordPressの勉強をするのがオススメです。

これは圧倒的な案件の多さと比較的習得のしやすさがあるからです。

ひとつあたりの単価も高いです。

htmlとcssをマスターすれば、案件を取ることが可能なのですがひとつあたりの単価が低いです。

なので、セットでWordPressの勉強もしてください。

WordPressはPHPで作られています、PHPは必ず必要ってことはないのですが出来る事が増えます。

出来る事が増えるということは取れる仕事の幅が増えるという事ですね。

なので基礎的な部分でいいのでPHPも習得頑張ってみてください。

JavaScriptはページに動きを付けることができる言語になります。

例えばボタンを押したらトップページに飛ぶなどは全てJavaScriptで実装されています。

jQueryはJavaScriptのライブラリです。

簡単に色々な動きを実装することができるようになります。

JavaScriptとjQueryはセットで学習しましょう。





まとめ

プログラミングと一括りに言っても数えきれないほどの種類があります。

自分の目的から逆算して決めればいいかと思います。

とにかく、プログラミング学習は目的を明確化することはかなり大事です。

独学は非常に挫折率が高いですが、目標をしっかり持つことで挫折回避することは十分可能です。

この記事で詳しく説明しているので、よろしければどうぞ。

[プログラミング独学者に読んでほしい!]独学で習得するには目標を掲げることが大事

2018.08.13

プログラミングを独学で習得したいけど、挫折が怖い。

または効率的に習得したい。

という方はお金を対価に時間を買うのもありです。

プログラミングスクールを気になる方は1度無料体験レッスンがおすすめです。

無料レッスンに加えて、プロの講師に疑問点や不安なことを直接聞けます

体験してみないとわからないことってたくさんありますからね。

侍エンジニア塾が、プログラミングスクール業界では有名なので安心して受講できます。

さらに、今なら3大特典+Amazonギフト券1000円分が付いています!

この記事で紹介しきれてない他の言語もありますので気になる方はぜひググってみてくださいね。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

この記事が良かったなと思ったらSNSで共有しちゃってくださいね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

NOBU

将来会社に就職する気が無かったので、軽い気持ちで高校中退。 学歴なんか無くても人生どうにかなる事を証明するためにいろいろな事を模索しながら自由に生きている中卒系男子。 *新しいもの 投資 ゲームが好き